logo
Home

オデッセイ 映画 あらすじ

〈アレス3ミッション〉のエンジニア兼植物学者。ジョークが好きなアレス3のムードメーカー。乗組員になる前は、発展途上国で農業支援に従事していた。火星での探査中、大砂嵐に見舞われる。帰還途中にアンテナが直撃してし、死んだと判断されたワトニーは火星に置き去りにされてしまう。ワトニーが生きている事を管制は気付いていたが、通信が取れず、食料が持たないと判断され、地球へ帰還するクルーには秘密にされてしまう。 その後、全ミッションで残された資材と、クルーの排泄物を使ってジャガイモを栽培するなどして生き延び、地球への帰還を目指す。. オデッセイ 年公開のアメリカ映画。日本では年公開。原題は『The Martian』。出演 マット・デイモン。監督 リドリー・スコット。 (C) Twentieth Century Fox Film Corporation. 監督はあの、「エイリアン」、「グラディエーター」(アカデミー賞作品)、「ハンニバル」を撮った巨匠、リドリー・スコット監督! 主演は、「インヴィクタス/負けざる者たち」「オーシャンズ11」シリーズでおなじみ、マット・デイモン。 あらすじは、 火星に置き去りにされた男のサバイバルアドベンチャー。 です。 予告編では、 なーんて、実際映像では本国アメリカと中国と、ちょこっとイギリスが出てきたくらい。 そこまで全世界が彼の帰りを待ってませんよ(笑) 正直、日本での宣伝の仕方は、この映画のイメージを正しく伝えてないな~と観て思いました。 予告編詐欺ですよ(笑) といっても、褒めてます。 内容は良かったです。面白かったです。シンプルに。 予告編見て、「あ、観に行こうかな」と思ったんですから、まあ、まんまとマーケティングに引っかかったってことですよね~。 「オデッセイ観に行こう!」と誘ったら、 「え?ホンダだっけ。何で?」と返されました。 いや、それ、車じゃん(笑) 映画タイトルの『オデッセイ』ですが、おそらく 『, A Space Odyssey』 から取ったのかな~と思います。 スタンリー・キューブリック監督の代表作ですね。 邦題は 『年宇宙の旅』 で~、で~、で~、でで~~~~ん♪ 『オデッセイ』の語源は、学校で習った方もいるはず。 古代ギリシア、ホメロスの叙事詩『オデュッセイア』。 内容は、英雄オデュッセウスが各地を放浪する旅のお話です。 オデッセイ 映画 あらすじ ここから転じて「オデッセイ(英語)」は、「未知への長い旅」という意味を持ちます。 主人公は火星で、次のミッションが来る4年間まで生き延びようとするんですから、「未知への長い旅」ですよね・・・。意味的にもあっている。 それと、1968年に製作され、SF映画の金字塔として今も名作と呼ばれる『2001年宇宙の旅』の原題から取ってきて・・・邦題考えた人、めっちゃ良いタイトルつけたと思っているでしょうね~。 いや、良いタイトルだと思います。センスを感じます。映画への愛とリスペクトを感じます。. アレス3の指揮官兼地質学者の女性。船長にあたる。音楽が好きでメリッサが持ってきた曲がハブ(居住ユニット)に残された。 ・リック・マルティネス.

アレス3の航空宇宙医師兼生物学者の男性。ヨハンセンに片思いしている。 ・アレックス・フォーゲル. 7カ月後。ソル461、マークは地球の国際水域を火星に見立てて「NASAが定めたところ以外の国際水域に乗り込むことは、海賊になるってことだ」と考え、マークは自分が宇宙で初めて海賊になったと思います。 そして日誌をシャットダウンした後ハブ(居住ユニット)をあとにして、ローバーで移動を開始しました。 ヘルメス号は火星までやってきますが、着陸や離陸はできず、横を通過するだけなのです。つまり、マークが火星上空にのぼっていないとなりませんでした。 NASAの局員との話し合いで、マークはアレス4に用意されていたMAV(火星上昇機)を使って、火星の上空にスタンバイしておく必要があります。 移動をし、ソーラーパネルでローバーの充電をしながらも、マークは「問題はMAVの速度だ」と考えます。MAVは火星の低軌道に乗るように設定されているため、より高く上昇するにはそれなりに軽くする必要がありました。 同じ問題の解決方法をNASAでも模索しています。 結果「マルティネスがヘルメス号でMAVを操作するから、エンジンは全部いらない」「エアロックも思い切って外してしまう。そしてハブ(居住ユニット)で使っていたキャンバス地で覆う(空気抵抗がないから、MAVの外にマークが弾きだされなければいい)」そういった案が出されました。すべて採択されます。 ソル538、アレス4の到着地点に無事到着したマークは、早速MAVの軽量化作業を開始します。 「史上最速なんて響きに酔い知れると思うか. アレス3のオペレーター兼原子炉技術者の女性。真面目で博識な女性。 ・クリス・ベック. 今日の映画感想は『オデッセイ』(原題:The Martian)です。 個人的お気に入り度:8/10 一言感想:極限までに豪華になった『アポロ13』だった あらすじ 宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット. ユリアとアンドレイは、3人が出会った頃のことを思い出します。元々友人同士だったスタスとアンドレイは共に宇宙飛行士志望で、基地で働くユリアにお互い一目惚れします。2人は「抜け駆けはなしだぞ」と言いながら牽制しあい、そしていつしかスタスとユリアの仲が深まっていきます。しかし、基本的にどこかへ遊びに行くにも、いつも3人は一緒でした。 アンドレイは基地内で、研究開発に携わる部署に所属することになります。アンドレイの手腕は高く評価され、新しいプロジェクトを任されることに。更に開発に勢力を注ぐアンドレイでしたが、その時工場で事故が起きます。工場内にいたアンドレイは爆発に巻き込まれ、目を負傷してしまいます。幸い失明はしませんでしたが視力は回復せず、宇宙飛行士になるのは絶望的だと診断されます。 失望するアンドレイを慰めるスタスでしたが、アンドレイは「俺の気持ちがわかるか!」と反発します。気持ちの荒むアンドレイに同情したこともあってか、ユリアの心は徐々にアンドレイにも傾いていきます。そんな中、新しい宇宙飛行プロジェクトでパイロットの人選を任されたアンドレイは、スタスをパイロットに選出します。. そうメリッサは強く思います。それは他のメンバーも同感でした。 地球でも同じくNASAでマークの生存は絶望的とみなされ、公式にマークの死が発表されます。 ところが. と考えたマークは、ロケット燃料を燃やせばいいと思います。 但しロケット燃料は難燃性なので、イリジウムを触媒に使いました。結果、一度爆発してマークは盛大に吹き飛びます。余分な酸素(自分が吸うために温室内に入れていた空気)を計算に入れていませんでした。.

マット・デイモン, ジェシカ・チャステイン, クリステン・ウィグ, キウェテル・イジョフォー, ジェフ・ダニエルズ, ショーン・ビーン, ケイト・マーラ, リドリー・スコット 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。. 映画オデッセイで中国が登場するのはなんでなの? ハリウッドって中国推し? 映画「オデッセイ」を見て気になった方もいるんじゃないでしょうか? NASAがワトニー救出のために食料補給船の打ち上げに失敗したあと救世主のごとく登場した中国。 宇宙開発国といえば日本やロシアだってある. 火星の人、火星人。 日本語にしちゃうと、なんか違和感。 でも、英語のままカタカナにすれば・・・こっちの方が個人的には内容のイメージとあっていると思います。 「ザ・マーティアン」。 というのも、よっぽど博識な人や、マニアックな映画ファンでないと、『2001年宇宙の旅』との関連は思いつかないし、オデッセイの意味なんて知らない人がフツーだと思います。 知ってたって、車の名前が先にイメージしちゃうくらいですよ。 『オデッセイ』のタイトル(と、予告編)から、観る前のイメージは 「なんか、ゼロ・グラビティみたいにシリアスで哲学的な重い感じかな。すっごい真剣に火星で孤独に耐えぬく男の精神状態を描いた、ちょっとハードな映画かな?」 期待しながらも、若干身構えて映画館に行きましたよ。ポップコーン食べながら観るような映画じゃないだろうと思いながらね。 見終わったあと、 「ポップコーン食べながら観る映画だった!!!」 いい意味で、スケールの大きく、非現実的な、ユーモアあり、感動ありのハリウッド大作そのものでした。お手本のようなハリウッド映画でしたよ。 まあ、テンポよく進むもんですから、未知への旅という感覚はありませんでした。 長い時間、サバイバルしてたんですが、旅というより住み着いている感じ。 まさに、火星の人。火星植民地計画でした。 まんまと、騙されましたよ。 確かに、シリアス感動路線で宣伝したから観に行きました。 オデッセイ 映画 あらすじ オデッセイ 映画 あらすじ 『グラディエーター』みたいに、苛酷な状況を知恵を使って打破する、孤独との葛藤の話だと思ってました。 『バーティカル・リミット』みたいに、救出にいった仲間の誰かが死んじゃうような話かと・・・。 こんなに肩の力を抜いて観られる映画だったとは。 マーケティングってスゴイっすね。 予告編やポスター、嘘は言ってませんからね。 ちょっと違う方向で盛ってる部分はありますが。 切り取り方でこうもイメージが変わるとは。. 去年から気になっていた「オデッセイ」を観に行ってきました。 事前情報はなるべくカットしたので、火星に男が一人で過ごすという情報以外初心で観れました。 こういう映画はネタバレみるとつまらなくなりますからね。 ここ最近話題の.

読み取ったマークはペンを走らせて「アンテナ刺さりモニター故障。死亡と思って当然。クルーに落ち度なし」と返答します。 NASA側から指示が入り、ローバーとパスファインダーを通信可能にする方法が伝授されました。これにより、コンピュータを使ってのチャット通信が可能になります。もちろん、いくばくかの誤差は発生しますが。 こうしてチャットに漕ぎつけたマークは「(僕の生存を知った)クルーの反応は?」と聞きたかったことを聞きますが、NASA側は沈黙してしまいました。まだアレス3のクルーには知らせていませんから。 ビンセントは正直に「ミッション(帰還)に専念させたかったので、告げてない」と答えます。ショックを受けたマークは俗語で悪態をつきます。 ビンセントは慌てて「落ち着いて、君の発言は全世界に生中継されているんだ」と言いますが、キレたマークは俗語を使いまくりました。マークの怒りももっともだと思ったビンセントは、クルーに伝えようと決断します。 ヘルメス号、火星撤退から4カ月後。 ルイス船長たち全員対象のビデオメッセージが届きました。5人は揃って視聴します。 ミッチ・ヘンダーソンNASAフライトディレクターから、マークの生存が知らされました。しかも2カ月も前に地球側では知っていたことも告げて「彼と交信ができ、救出手段のめども立ったから知らせた」と言います。 メリッサ船長は「置き去りにしてしまった」と落ち込みましたが、生存を喜ぶ気持ちも当然あります。 その頃チャットができるようになったマークの元には、連日作物栽培の問い合わせのメールばかり届いていました。マークは「見たか、アームストロング」と誇らしげです。 マーク救出の手段はまだおぼつかないながらも、救援物資なら送れそうだと思っていた矢先に、突然、事故が起きました。 ソル136、ハブ(居住空間)と外の世界を繋ぐ、酸素を抜く場所の布地が破れてしまいます。衝撃は大きく、マークは弾き飛ばされて宇宙服のガラス部分に亀裂が入り、慌ててガムテープで亀裂を塞いだものの、影響は温室におよびました。温室は火星の温度にさらされ零下になり、一瞬でジャガイモの葉は凍ってしまいます。 宇宙服はスペアがあります(ほかのクルーの分)が、栽培途中のジャガイモを失ったのは痛手でした。氷点下でバクテリア(肥料の中の生物)も死滅したので、非常に困ります。 地球側もこれ. 5点/5点 ってとこです(^^) オススメ映画~♪ ⇒ 映画『セッション』の原題『WHIPLASH』の意味は?アカデミー賞3部門受賞作!. 映画「オデッセイ」のシナリオにはnasaだけでなく、中国の国家航天局(cnsa)も大きく関わってきます。 オデッセイ 映画 あらすじ しかもポジティブに。 私も最近知ったのですが、最近のアメリカ映画に出てくる中国が結構良い役割をすることが多いみたいです。. 映画あらすじの要約チャンネル「マッハ映画」へようこそ! 今回はsfサバイバル映画「オデッセイ」のご紹介です。気になった方はぜひ映画を見. 火星での有人探索計画、アレス3に参加していた6人のクルー達は任務中に嵐に巻き込まれてしまう。激しい嵐の中、主人公のマーク・ワトニーに折れたアンテナが直撃。ワトニーは、クルー達から遠く離れた場所へ吹き飛ばされてしまった。 クルー達は彼を懸命に捜索するものの発見することができず、彼は死んでしまったものと判断を下す。彼らは地球に帰還するためのロケットに乗り込んでしまい、NASAもワトニーの死を全世界に向けて発表してしまった。 だが、ワトニーは生きていた。アンテナが突き刺さった腹部を自身で手術し、一命はとりとめたが、彼の置かれた状況は絶望的なものだった。 ハブと呼ばれる居住空間にはわずかな物資しか残されていない。水も食料も酸素も1年持たないほどの量しかない。次のミッションであるアレス4が火星へ来るまでは4年の月日がかかる。生存の確率は極めて低いことを理解した上で、ワトニーはアレス4を待とうと決心した。 船長の残していったディスコ・ミュージックに悪態をつきながら、彼は限られた設備で酸素や水を作り出す方法を考え出した。さらに食料確保のために、火星の土とクルー達が残していった排泄物を使って土壌を耕し、火星産のジャガイモの栽培に成功した。植物学者でメカニカルエンジニアとしての知識と経験、そして悲壮感を開き直りに変えるタフでユーモアなメンタルを武器にして、彼は山積みの問題を一つ一つクリアにしていった。 10年以上前に活動を停止した火星探査機・マーズ・パスファインダーを見つけたワトニーは、その通信機器を修理して地球との通信を回復させた。地球との交信によって彼の生存に世界が気づいた。だが、厳しい環境の中、状況は刻一刻と悪化していく。 ワトニーを残して火星を去ってしまったクルー達、NASAの科学者達、それを包括する国家も彼を救おうと奮闘するが、救出計画はスムーズに進まない。地球への帰還を命じられていたアレス3のクルー達は、地球の軌道上でワトニー救出の準備を進めていた。彼らは、命令無視と知りながらも火星へ戻ることを決意していた。 彼らはワトニーの待つ火星にたどり着き、世界中の人々が見守る中で救出作戦は開始される。命がけの救出作戦は成功し、彼らは地球へと帰還していった。. いい響きだ(うっとり)」と、マークはぶつぶつ楽しそうに作業しました。 ソル560、ヘルメス号ではマーク回収の5人の分担を決め、絶対にやり遂げようと決意を新たにします。 ソル561、ローバーにもメッセージとサインを残したマークは、いよいよMAVに乗り込みました。マーク回収ミッションが始まり、その様子は全国でも中継されます。全世界が固唾を呑んで見守っていました。 マークはローバーに乗っていた間に生えた、髭や髪の毛を整えました。言い遅れましたが、ハブに住んでいた間はこまめに髭剃りと散髪をしていました。 ヘルメス号が火星に近づきます。MAVの打ち上げにはかなりのG(重力)がかかるので、気絶してもいいよという声がかかります。 打ち上げのカウントダウンが始まり、MAVが打ちあげられました。秒速741mで急上昇し、12Gかかります。指. アレス3の科学者兼天体物理学者。 ソル(火星日)18。 クルーたちが土壌分析の調査をしている最中、火星のアレス3着陸地点に大きな嵐が到来します。嵐は直径1200kmの大規模なものだとヨハンセンが報告し、巻き込まれると危険だと判断したメリッサ船長は、任務を中止して火星から離陸することを決断しました。 ところが退避の途中でマークに飛来物が当たり、マークは倒れて気絶します。メリッサ船長はぎりぎりまでマークの救助をしましたが、嵐の接近で視界が悪く、赤外線もききません。生存が絶望的だと判断し、メリッサ船長はMAV(火星上昇機)に乗り、さらに地球へ帰還するためのヘルメス号に移って帰還し始めました。 それでもメリッサ船長は「マークを見捨てた」と思い込み、塞ぎこみます。不慮の事故だということは分かっているものの、できれば救いたかった. アレス3の操縦士の男性。マークと仲良しで軽口をたたき合う仲。 ・ベス・ヨハンセン.

. 打ち上げのGで気絶してたワトニーは目覚め、 宇宙服の手の部分を切って吹き出す空気を アイアンマン のように調整しながらヘルメス号へ向かい、宇宙に出てきたメリッサと合流 し「あなたの音楽の趣味は最低ですね」と言い地球へ戻ります。. 以上映画『オデッセイ』のあらすじや、サバイバル映画としての魅力をご紹介しました。 絶体絶命のピンチを乗り越えていく主人公のワトニーを見ていると、勇気や希望が湧いてきます。. ユリアは必死にスタスがどこにいるのかと訪ねますが、スタスの返事は意外なものでした。どうやら皆が探索している同じ森にいるらしいのですが、探索隊やユリアの姿は見当たらないというのです。スタスはまるで、同じ地球の「別の時代」に紛れ込んでしまったようでした。基地で通信の担当者でもあるユリアは、姿の見えないスタスからの「声」を待ち続けます。 一方スタスは、誰もいない森を抜け、建物を見つけますが、やはり人はいませんでした。町並みはそのまま残っているものの、人だけがそこからそっくり消えてしまったかのようでした。スタスはユリアが聞いてくれていると信じて、通信を続けます。その声を、ユリアはずっと聞き続けていました。. オデッセイの映画評論・批評。火星にひとり取り残された宇宙飛行士が、「こんなところで死ぬもんか」と数年先に救助隊がやってくる日まで. 映画『オデッセイ』の感想&考察です。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。 原題:The Martian製作国:アメリカ(年)日本公開日:年2月5日監督:リドリー・スコット.

アレス3のエンジニア兼植物学者の男性。 ・メリッサ・ルイス. See full list on yukadiary. 日本上映開始から1週間でランキング1位になった注目の映画「オデッセイ」を観に行ってきました! あらすじ、見どころ、感想をご紹介します。 ※ネタバレあり。これから観ようと思っている方はご注意下さい。 映画あらすじ(ネタバレ注意!. しかし、奇跡的に死を免れていたワトニーは、酸素は少なく、水も通信手段もなく、食料は31日分という絶望的環境で、4年後に次の探査船が火星にやってくるまで生き延びようと、あらゆる手段を尽くしていく。 年製作/142分/G/アメリカ. See full list on renote. 映画「オデッセイ」のあらすじやキャスト、無料でお得に見る方法をご紹介! tanotaro-30 年12月8日 / 年12月8日 スポンサーリンク. 時は、1975年。ソ連とアメリカが激しく争った宇宙開発競争は、人類初の有人月面着陸を成し遂げたアメリカが「勝利」していました。その後、ソ連で打ち上げられた月面探査ロケットに、スタスという青年が1人乗り込んでいました。無事月面に着陸し、地球へ帰還するという時に故障が発生、なんとか地球の軌道に乗りますが、燃料不足でこのままでは無事に帰還出来ない状態に陥ります。 それから7ヶ月後、スタスが乗った帰還機が大気圏に入ったという情報が入り、探索隊が出発します。スタスの恋人・ユリアと友人のアンドレイも同じく、帰還機が落下したと思われる森に行きますが、機体は発見出来たものの、中は無人でした。探索隊はスタスの姿を探しますが、見つかりません。その時、ユリアの持っていた無線機に、スタスからの通信が入ります。.

映画「オデッセイ」あらすじ 火星で調査をしていたが嵐がひどくなり、急いで火星から飛び立ち待機しているヘルメス号に帰還することになった。 しかしひどい嵐のなかの退避中、1人マーク・ワトニーだけが火星に取り残される結果となってしまった。. オデッセイ の解説・あらすじ、映画レビューやストーリー、予告編をチェック! 上映時間やフォトギャラリーなども。. 『オデッセイ』とは、リドリー・スコットが監督を務めたアメリカ映画。 アンディ・ウィアーの人気小説『火星の人』が原作である。15歳からサンディア国立研究所でプログラマーとして働き始めたウィアーは、幼い頃からのSFファンだった。『火星の人』は彼自身のウェブサイトで発表していた作品だが、読者の要望によってKindleストアで販売を開始。その後、3ヶ月で35,000ダウンロードを記録するほどのベストセラーになった。 監督を務めるリドリー・スコットの代表作には『グラディエーター』、『エイリアン』、そして、映像化は困難と言われたフィリップ・K オデッセイ 映画 あらすじ ・ディック原作の『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』を見事な映像美で描き出した『ブレードランナー』がある。 主人公の宇宙飛行士、マーク・トワニーを演じるのはマット・ディモン。大ヒットアクション映画『ジェイソン・ボーン』シリーズで、主人公のジェイソン・ボーンを演じている。『グッドウィルハンティング/ 旅立ち』では脚本・主演を務め、ゴールデングローブ賞とアカデミー賞を受賞した。 リドリー・スコットとマット・デイモンが初めてタッグを組んだこの作品は、数々の映画賞に輝いた。 シリアスなストーリーだが、主人公が飛ばすジョークとユーモアな映像に合わせて流れる音楽によって、前向きで爽快感があり、ゴールデングローブ賞のコメディ/ミュージカル部門で作品賞・男優賞を受賞した。. 『オデュッセイア』(古代ギリシア語 イオニア方言: ΟΔΥΣΣΕΙΑ, Ὀδύσσεια, Odysseia, ラテン語: Odyssea )は、『イーリアス』とともに「詩人ホメーロスの作」として伝承された古代ギリシアの長編叙事詩 。. アメリカ、NASAでは有人火星探査計画を実現していました。火星に降り立ったクルー(乗員)たちは、火星のさまざまな探査任務をこなしていました。 現在ではアレス3の乗務員6名が火星に着陸し、火星を調査しているところでした。 ・マーク・ワトニー. 8/3 に金曜ロードショーでオデッセイが放送されます! オデッセイを紹介していきます。 年アメリカ映画。アンディ・ウィアーの小説である「火星の人」を映画界の巨匠リドリースコット監督が映画化した作品で、緻密な計算により映像化された火星は観客に驚きを与えまっした。. オデッセイ()の映画情報。評価レビュー 11039件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:マット・デイモン 他。『グラディエーター』などのリドリー・スコットがメガホンを取り、『ボーン』シリーズなどのマット・デイモンが火星に取り残された宇宙飛行士を演じるSF. ソル36。 次なる問題は水だとマークは頭を捻ります。温室は126平方メートルできました。水素に酸素を加えて燃やせばいいんだが.

SFですが、難しい知識は一切いりません。 わかりやすーく作ってくれています。 中学生くらいの理科の知識があれば十分です。 最低限、知っておくべき科学的知識は ・水は水素と酸素で出来ている。 ・水素は燃えやすい。 ・酸素がないと燃えない。 ・土には微生物がいないと植物が育たない。 オデッセイ 映画 あらすじ ・火星は地球より暑くて寒い。(寒暖差が大きい。) これくらい分かっていれば大丈夫だと思います。 マット・デイモン演じる主人公は、明るく前向き、ユーモアがあり、ちょっと悪ガキみたいなヤンチャなとこのあるおっさんです。宇宙飛行士なので頭もいいし、体も鍛えてます。 感情表現がすっごく豊かで、痛い時はすっごい痛そうな半べそ状態の情けない顔をしますし、植物栽培が成功した時のはしゃぎっぷり、仲間と交信出来た時の信頼からでる悪態。 観てるこっちの表情がつられそうで、いや~こういうマット・デイモンって見たことなかったかも。 登場人物たちも、個性豊かで、それが外見に分かりやすく表れています。 一人ひとりのエピソードが無い分、見た目に分かりやすくしたんでしょうね。 堅物で責任者のNASA長官、真面目で責任感の強いキャプテン、人情厚い火星統括責任者に、オタクっぽいジェット推進研究所所長。 火星に残された主人公を救うべく、宇宙とNASAにいるチームが協力し尽力します。 もちろん、そこに現実的な大人の事情とジレンマ。 主人公は主人公で頑張る。離れていても仲間は仲間。 そういう、チーム力も描かれ、決して孤独と戦う暗い話ではありませんでした。 むしろ、明るい話ですよ。全体的に。 絶望、希望、困難、達成、この繰り返し。 学校の理科室で授業受けるよりも、こういう映画の方が、よっぽど科学に興味を引かれます。 先生や、中学生くらいの子たちに観て欲しいな~と思いました。 むしろ、学生の時これ観てたら、理系へ進んでいた・・・な~んて思ったり、思わなかったり。 総合評価、3. 映画オデッセイのキャストや吹き替え声優 『オデッセイ』が他の映画と違う点は、 キャストや出演者が少ない ということ! 火星に取り残された主人公が中心となって物語が進んでいくため、他のハリウッド映画に比べて登場人物が少ないんですよね。. . マークは生存していました。通信用アンテナが壊れて、その棒が脇腹に刺さっていたのですが、出血した血液が宇宙服の隙間を埋めて凝固したため、助かったのです。 砂嵐が去った後に酸素レベルが危険になって目を覚ましたマークは、ボタン操作で宇宙服の酸素供給を再開させてハブ(居住ユニット)に戻ると、宇宙服を脱いで脇腹の棒を抜き、自分で施術をしました。 そしてハブ日誌にログインして、生き残れなかった時のために日誌を. こんにちは!わたMANです。 この記事では映画「オデッセイ」を無料で見る方法について解説したいと思います。 「オデッセイ」は年2月5日に日本公開で公開された映画です。 監督は リドリー・スコット、主演は マット・デイモン。 アメリカのSF映画でアンディ・ウィアーの小説『火星の人.